エステサロンと医療脱毛は何が違うの?

日本で脱毛しようとすると、エステサロンか医療脱毛の二つの選択肢があります。どちらも脱毛するのなら同じというわけではなく、きちんとした違いがあります。
まず、医療脱毛は皮膚科や美容外科などの医療機関で受けられる脱毛です。医師がお肌と毛の状態を診察してから施術に入ります。医療用のレーザーを照射して、毛の生える元になる毛母細胞を破壊することで毛を生えてこなくさせます。レーザーは黒い色に反応するようにできているので、お肌にはほとんどダメージを与えずに脱毛することができます。
一方、エステは医療機関ではないので、レーザーを使うことができません。ですから、フラッシュと呼ばれる弱い光で施術を行いますが、毛母細胞を破壊するだけの力がありません。そのために、一時的には毛がなくなっても、再び生えてくることがあります。
料金はエステサロンの方が安いことの方が多いですが、脱毛方法の違いがあり、確実性を求めるのなら医療脱毛を行った方がいいでしょう。エステの店内に医師はいませんが、医療脱毛であれば院内に医師がいるので、お肌のトラブルがあったときも、すぐに対処してもらえるので安心です。脱毛するときは違いを理解した上で施術を受けましょう。

コメントは受け付けていません。